空夜coo:ya slideshow02 slideshow03 slideshow01 slideshow04 slideshow05 slideshow06 slideshow07 slideshow08 slideshow09 空夜coo:ya

言 葉
Lyric / Voice -

miyo


Music / Arrangement -

本田 海月 [ Kurage Honda ]

日本の音楽シーンの王道からことごとくハミ出してしまうへそ曲がりのmiyoと本田海月 (本田恭之) が、プロデューサーを介して出逢い、意気投合して1998年に結成。

日本語の美しさ、情景の見える楽曲にこだわり、歌詞は出来る限り日本語を使用。人間なら誰しもが持つであろう、こころの光と影を“陰側 (Dark side)・陽側 (Angel side)”と表し、作品の中で描き分けている。

ロック / ポップスなどといった音楽ジャンルや作品のカテゴライズにこだわらず、各々のフィルターを通し、せつなく幻想的でいてリアルな独自世界を紡ぎ続けており、国内のコアなファンのみならず海外からも高く評価されている。

新作のリリースは不定期。また、楽曲の世界観を損ないたくないという本人たちの意向によりライヴ活動は行っておらず、いわゆる“商用音楽”の常識からはまるでかけ離れた孤高のユニット。

・ ・ ・

Miyo and Honda, both skeptical of the mainstream "royal road" of the Japanese music scene, met in 1998 via a music producer. They immediately hit it off and formed the band Coo:ya.

Coo:ya's lyrics are all in Japanese (except for their early works), due to Miyo's love for the intrinsic beauty of the language. Their songs weave yin and yang of emotions that are universal to all human beings, Coo:ya continues to depict an agonizing, visional, and yet realistic world through their personal mind filters, without being confined to any genre of music.

As Coo:ya only release songs that both Miyo and Honda are truly satisfied with, the unveiling of new work is highly irregular. Coo:ya does not perform live shows, which makes them a solitary band that is far away from "commercial music."